帽子のお手入れ方法

帽子のお手入れについて

帽子販売店REPressionの商品は基本的に選択不可となっております。 選択されますと型崩れ、破損、色落ちの原因となりますのでお酒下さい。 日常のお手入れをすることによって帽子の寿命を長く保つことが可能です。ぜひ参考にしてみてください

基本的なお手入れ方法

●使用後は表面のホコリを払い落とします。  洋服ブラシなどで表面に付いたホコリなどを払い落とします。 ●水、雨に濡れた場合は、乾いたタオルで叩くように拭き取り、形を整えて陰干ししてください。 帽子の中に新聞紙やタオルなどのアンコを詰めると更に型崩れしにくくなります。 ●防水スプレーを事前に語彙使用いただくと汚れを防ぐ事が出来ます。  シンナー、ベンジン類をご使用されますと、変色、変形の原因となりますのでお避け下さい。 ●もし汚れてしまった場合は消しゴムタイプのクリーナーで軽く擦るか、ぬるま湯を硬く絞った布で輪染みにならないように叩くようにして拭きとります。 ●汚れた状態のまま高温多湿で放置されますと、カビの原因になりますので、通気性の良い布などで包み、風通しの良い場所に保管してください。

ご注意ください

◎洗濯可能の表示がある品以外は洗わないでください。 ◎洗濯可能の表示がある帽子でも洗濯機に入れずに出来るだけ手でブラシ洗いをして下さることをお勧めいたします。 ◎型入れされた帽子は特殊な選択技術が必要となりますので、無理にご家庭で洗おうとせず、帽子の専門店にお持ちください。

型入れ帽子のお手入れ方法

■フェルト、ラビット、ビーバーなどの秋冬帽体  使用後は毛並みに沿って左回りにブラッシングしてください。  ちょっとした汚れは消しゴムなどで軽く毛並みに沿ってこすると落ちます。 ■パナマ、麦わらなどの春夏帽体  ちょっとした汚れは硬く絞ったタオルで軽くふいて下さい。

洗濯可能表示の布ハク帽子

■汗じみなどがある場合  液体酸素系漂白剤か、染み用の部分洗い剤を付け下処理をします。  色の濃い部分は色抜けしてしまう場合がございますので、目立たない場所でお試ししてから行うようにしてください。  洗い桶などを用意し、洗剤液を入れたぬるま湯の中で手洗いします。  ゆすぎもぬるま湯で行ってください。
■ニットの帽子  セーターと同じように、押し洗いをします。
■立体的な帽子  スポンジやブラシを使って軽くたたくようにして洗います。  この時帽子の大きさに合う調理用のザル等にかぶせて洗うと型崩れがしにくくなります。  ゆすぎはぬるま湯でザルにかぶせたまま大きくゆするように洗います。 ※洗濯機のご使用はお勧めしませんが、もし洗濯機で洗う場合は型崩れを防ぐために、洗濯ネットに入れましょう。  コサージュやリボンなどの装飾がある場合は裏返してから洗濯ネットに入れます。  色落ちしそうな濃い色の場合は、ほかの衣料に色が移る場合がありますので、単独で洗いましょう。

干し型

●シワを伸ばし形を整えます。(洗濯時輪や型崩れを防ぐため、脱水後はすぐに取り出してください。) ●つばの部分を中心に、縫い目などの縮みを指先で伸ばすようにします。 ●頭に被っているような状態で、立体的に干します。 ●帽子の中に洗濯ネットやタオルを詰めて、形を整えます。 ●ペットボトルなどにかぶせ、風通しが良いところで陰干しします。 ※帽子の大きさに合う調理用のザル等にかぶせて干しても良いでしょう。 ※ニット素材の帽子は平干しすると型崩れを防ぐ事が出来ます。

アイロンのかけ方

●素材に合わせて温度を調節しましょう。 ●当て布をすると布地を傷めにくくなります。 ●頭に被っているような状態で、立体的に干します。 ●織物の場合は、つばのステッチ、縫い目部分などを伸ばすようにしてかけます。。 ●ニット製品の場合はスチームアイロンを1cmくらい離してかけ、ふっくらさせます。